頭皮にできるにきびを頭皮にきびといいます。

頭皮にきびって…??

頭皮にきびは頭皮のどの部分にも出来ると言うわけでなく、出来やすい場所と出来にくい場所があります。
皮脂分泌が多い頭頂部や前頭部などには出来やすいです。

頭皮ににきびが出来ても自分ではなかなかわからなくて人に指摘されて始めて気付くケースが多いです。
そのために症状が悪化してしまっている可能性が高いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

頭皮にきびの原因

頭皮にきびはシャンプーやリンスなどをきっちりと洗い落とさなかったために
毛穴が詰まったり汚れたりして炎症を起こすことが原因となります。
きっちりと落とすことが頭皮にきびを予防する第一歩だと思います。
頭皮にきびは毛穴の詰まりが原因なので、詰まりを解消する必要があります。
シャンプーやリンスをきっちり落とす以外にも普段からのケアが必要となってきます。
皮脂を出さないために生活習慣を見直す必要があると思います。
チョコレートやケーキなどによる糖分の過剰摂取や、香辛料などによる皮脂分泌の増加には気をつけなければなりません。
また睡眠不足によるホルモンバランスの乱れや、偏った食事などにも気をつける必要があります。
夏場だとクーラーの効いた場所に長時間いることで肌が乾燥したり、紫外線を長時間浴び続けることで
皮膚が角化現象を起こすので頭皮にきびが出来やすくなります。

頭皮にきびが出来てしまったら…

どのにきびでも生活習慣を見直すことは重要なことです。
頭皮にきびの症状が悪化した場合、膿んでしまいかなり痛みを伴います。
自分では見えないので精神的にもかなり落ち込んでしまいます。
頭皮にきびは症状によっては他のにきびで使用されている方法で治らない場合があります。
また髪の健康状態が悪化している場合も考えられますので、皮膚科に相談に行くのが良いと思います。
自分でにきびを潰してしまうのはその場所から雑菌が入ったりすることも考えられますので、
絶対に止めておいたほうが良いです。

大人にきび同様、非常に繊細な状態なのでカラーリングなどは止めておいたほうが無難です。
またシャンプーも刺激の強いのは避けたほうが良いと思います。
脱色剤な頭皮を傷つけている場合もありますので、気をつけたほうが良いと思います。
頭皮にきびについては自分にあっているシャンプーやリンスを使用したり、
その後のヘアトニックなども自分にあったものを使用する必要があります。
普段から使っているものが合わずににきびが出来てしまうと言う場合も多いので、
合わないと思えばすぐに別の物に変えたほうが良いと思います。