炭酸ガスレーザーが熱を発生させるのは水分を含むものの場合なのでその性質を利用して、
皮膚の良性腫瘍治療を行うレーザー治療の一つです。

炭酸ガスレーザー…??

炭酸ガスレーザーを用いて治療する場合、皮膚に軽い火傷のような症状を意図的に作り出します。
炭酸ガスレーザーを利用して治療する場合の利点としては、止血効果があるので出血が少なく済み
患者の負担を軽減できます。また患部以外の場所には熱によるダメージが少なくて済み
これも患者には大変メリットがあります。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

炭酸ガスレーザーのデメリット

ただ炭酸ガスレーザーは意図的に軽い火傷症状を作り出すので、稀にその部分がケロイド状態になって
治療そのものが逆効果になるデメリットもあります。 炭酸ガスレーザーの治療に効果のある皮膚トラブルとしては
脂漏性角化症、皮膚母斑、神経線維腫などが挙げられます。
炭酸ガスレーザーは皮膚のどの組織に大しても効果があるわけではなくて、熱に弱い表皮の部分の皮膚トラブルに
効果があると言われています。この部分に出来たにきび跡やホクロなどは炭酸ガスレーザーで治療することが可能ですが、
真皮に対しての皮膚トラブルに対しては炭酸ガスレーザーの効果は期待することは出来ません
コメドや白にきびなどの比較的出来て間もないにきびに対してはあまり炭酸ガスレーザーを使うことはありません。
それよりも症状が進行し悪化した場合において炭酸ガスレーザーを使うことがあります。

炭酸ガスレーザーのメリット

通常の治療では時間がかかる場合などに炭酸ガスレーザーを使用して脂肪分や膿を溶かし、
早期ににきびの問題を解決出来る場合があります。
また治療後同じ場所ににきびが出来にくくなるといったメリットもあります。
治療回数は程度によって様々で、一度の治療で完治する人もいれば何度も通わなければ治らない人もいるので
皮膚科で一度相談してみると良いと思います。値段もそれほど高くはないので経済的な負担も軽くてすみます。

ただしこの治療はケロイド状態になってしまうかも知れないというリスクもあるので、
あまり不慣れな医者にはやってもらわないほうが良いと思います。
少しでも腕のいい医者を探し出して治療してもらうとこのリスクも軽減されるかと思います。
またにきび跡の治療として炭酸ガスレーザーを利用する方もいますが、先ほどから言っている
リスクに見合った跡かどうかを一度考えたほうが良いかもしれません。
あまり気にならない程度のにきび跡ならリスクを犯してまで治療することはないという意見も多数あります。