白にきびは角栓によって毛穴が詰まってしまい皮脂が内部で溜まる事により
皮膚が盛り上がった状態で、先端が白く見えます。

白にきびを予防するには??

このまま放っておくと症状が進んでしまうのでケアを行うことが重要になってきます。
白にきびはヘアケア剤や化粧をきちんと落とさないことにより、毛穴がふさがれてその部分に
白にきびが出来やすくなります。
夏場は汗をかくことも多いので、こまめにタオルで汗を拭き取ることも予防に繋がります。
もし可能ならば夏場などは入浴をこまめにすることもにきびを予防する点では効果があるといえます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

白にきびができてしまったら…

出来るだけ早く治療を受けないと膿疱や丘疹が出来てしまい心身ともに負担になる可能性があります。
白にきびが出来るとどうしても気になってしまいますが、患部を刺激することは絶対に避けたほうが良いです。
刺激を与えることで症状が進んでしまうことがあるので注意が必要です。
またロングヘアなどで意図しなくても患部に触れてしまうこともあるので髪型にも気を配る必要があると思います。
白にきびを潰してしまうとそこから細菌が繁殖する可能性があり、症状が悪化してしまいます。
最悪の場合、にきび跡が出来てしまい目立ってしまうので気をつけなければなりません。

白にきびを作らないためには…

白にきびはケアをしなければ膿疱や丘疹に症状が進んでいきます
その場合は治療にも時間がかかるし、心身ともに負担がかかるので
普段からこまめにお肌の手入れをすることが何より重要です。
ヘアケア剤を使用したならきっちりと落としきったり、どれだけ遅くに帰宅しても化粧をきっちり落とすことも重要です。
毛穴をふさがないということを心がける必要があります。
化粧やヘアケア剤を落としきれてない以外に、皮脂が多すぎることによる毛穴ふさぎの場合は
生活環境の改善なども考えなければなりません。

糖分や脂肪分の取りすぎに気をつけることが皮脂を押さえる第一歩だと思います。
チョコレートやピーナツなどは白にきびに良くないので食べすぎには注意する必要があると考えられます。
ストレスや睡眠不足などもにきびには大敵で睡眠時間については平均で7時間は取るように心がけると良いと思います。
それでも体質的な問題で皮脂が多く出てしまう場合は、皮脂を抜き取ってくれるクリニックなどもあるので
一度受診して見るのも良いかもしれません。
健康的な生活をすることによってホルモンバランスが正常に保たれるので、
不規則な生活はあまりしないようにしましょう。