にきび跡の色素沈着と言っても、色々と種類があるのでまずは観察することが大事です。

色素沈着って…??

色素沈着で赤みがかかる場合や茶色っぽいシミのようになる場合などがあります。
色素沈着を起こす前に適切な治療を行っていれば、全く問題なかったということを覚えておいたほうが良いでしょう。
にきび跡の色素沈着にはメラニンとヘモグロビンが関係しています。
関係している色素によってケアの仕方が違うので注意が必要です。
色素沈着によりシミっぽくなった肌ですが、程度にもよりますが適切な治療を行っていれば
半年ぐらいで改善されます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

アトピー性皮膚炎と色素沈着

アトピー性皮膚炎のようにかゆみが伴う場合、非常に厄介でかきむしった部分が傷になり
色素沈着になる場合があります。
アトピーになりやすい人は子供の頃から体質を持っている人が多いですが、
大人になってから突然アトピーになる人もいます。
大人になってから色素沈着になってしまうと、子供の時より治りにくくて
また治ったとしても綺麗に治らない場合が多いです。 顔などに色素沈着が起こってしまうと、非常にストレスに感じますし、
そのストレスが新たなにきびを作ってしまう原因となるといった悪循環を起こしてしまいます。

色素沈着を起こさないためには…

色素沈着を起こさないようにするためには普段からの予防が大事です。
規則正しい生活を行い睡眠不足などは肌に悪影響を及ぼすので避けましょう。
また日々のスキンケアも重要で、化粧はきれいに落として洗顔は朝夕きっちりと行うのが良いでしょう。
化粧品も自分の体質にあったものを使うと色素沈着を起こしにくくなります。

皮膚科で治療を受ける場合にはクリニック選びは慎重に行いたいところです。
ヘモグロビンが原因の時とメラニンが原因の時とでは治療法が異なります。
また真皮か表皮のどちらに影響が出ているかによっても治療法が異なるので、
このような説明がなくすぐに治療を行おうとするクリニックは避けた方が無難だと思います。
色素沈着を治療する場合に用いられるのはレーザー治療が主ですが、治療には痛みが伴う場合が多いです。
また施術後に赤みを帯びたりする場合もありますし、直射日光を避ける期間があるなど
日常生活に少なからず影響する期間があります。
この間のケアの仕方についてはクリニックで専門医にきっちりと聞いておく必要があると思います。
綺麗な皮膚を取り戻すためには多大な時間と労力を必要としますので、
出来るだけ色素沈着を起こさないように予防を欠かさないようにしましょう。