にきび跡のクレーターや色素沈着が軽い状態の場合などはイオン導入などで改善することが可能です。
しかし重度の陥没などはイオン導入などの治療法では改善が難しいので、サイトンレーザーを使用します。

サイトンレーザーの効果

サイトンレーザーの特徴はにきび跡周辺の皮膚を削ることにより、陥没している部分との高低差を
なくしていく治療法です。周辺の皮膚を削ることになりますが、正確な深さで皮膚を削ることが可能なので
健康な皮膚を傷つけてしまうことはほとんどありません。重度の陥没などにより治療が困難だといわれた
人たちには希望を与える治療法
だと言えます。ただし、この治療法はレーザーを使用した治療法なので
施術後はどうしても顔が赤みを帯びたりするためにガーゼを当てるなどのケアをきちんと行う必要があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

サイトンレーザーなどを利用する前に…

比較的デメリットも少なく治療期間も短くて済む治療法ですが、
普段からにきびやにきび痕が出来ないようにしていれば治療に時間を取られずに済むという事を
頭の中に入れておいたほうが良いかもしれません。
基本は生活習慣を見直すことで、睡眠不足やバランスの悪い食事などは良くありません。
またストレスを抱えることによりホルモンバランスを崩すとにきびが出来やすくなってしまいます。

食事は肌再生を促進するビタミンCを多めに取るなどの対策を取ると良いと思います。
逆に油分の多い、ポテトチップスやチョコレートなどを食べ過ぎることは肌にとって良くないので
ほどほどにしておくのが無難です。間食は油分の少ない和菓子などにしておいたほうが良いと思います。
常に清潔に保ち、食事もバランスの良い食事でストレスも抱えこまないと言う点が重要かも知れません。

ウォーターピーリングのデメリット

サイトンレーザーはにきび痕の状態にもよりますが、一度で治療が終わることはなく
複数回受けることが必要となる治療法です。最低でも3回は必要だと言う人もいます。
にきびやにきび痕に有効なサイトンレーザーですが、症状によっては違う治療法の方が有効な場合があります。
にきび跡の色素沈着や症状の軽い陥没などはケミカルピーリングなどでも十分に効果が期待できるので
サイトンレーザーを使用することはありません
これからサイトンレーザー治療を受けようと考えているなら、ブログや日記などで体験談などを書いている人も
いますので一度読むのも良いかもしれません。
自分では判断がつきにくいので、一度クリニックで専門医に相談してみると良いでしょう。