毛穴が炎症を起こすことによって出来るのが大人にきびですが、10代の思春期に出来るにきびと違い
20代以降に出来るにきびは全て大人にきびと呼ぶことが多いです。

大人にきびって…??

大人にきびは10代の頃にできるにきびとは違い、口の周りや顎、首筋に出来ることが多いです。
毛穴の汚れや皮脂などが原因ですが、乾燥肌の人にも出来てしまうの大人にきびの特徴です。
化粧品を綺麗に落とさなかったりすると毛穴の詰まりや汚れの原因となります。
ヘアケア剤などもきっちりと落とす必要があります。ただ乾燥肌の人にも出来るのが特徴なので、
化粧を落とす時や落とした後に洗顔を過剰にしすぎると乾燥肌になってしまい、これも大人にきびの原因となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

大人にきびの原因

大人にきびの原因はホルモンバランスの乱れが大きな原因ではないかと言われています。
ストレスからホルモンバランスを崩したり、睡眠不足や無理なダイエットを行っていると
体調だけでなくホルモンバランスも崩すことになってしまいます。
適度な運動とストレス発散、夜更かしなどしないようにするのが大人にきびの予防に繋がると思います。
食事ではチョコレートやケーキなど糖分の過剰摂取や香辛料など皮脂が大量に分泌される食べ物は
避けたほうが良いと思います。
女性の場合は生理前後に大人にきびが出来る可能性が高いのでホルモンケアに注意することが必要です。

大人にきびが出来てしまったら…

ホルモンバランスを崩すこと以外にももちろん原因はあって、紫外線を浴び続けたり空調の効いた部屋に
長時間いることも肌の乾燥につながります。
肌が乾燥することで大人にきびになるので肌の乾燥には十分気をつける必要があります。
大人にきびが出来てしまったら、毛穴を塞ぐことは出来るだけ避けたほうが良いと思います。
化粧なども極力避けるのが治療の上で非常に重要になってきます。
大人にきびが出来ている場合、肌が非常に繊細になっており出来るだけ肌に刺激を与えない方が無難です。
どうしても化粧をしなければならない場合などは、長時間しないように意識しておいた方が良いと思います。
化粧があまり必要でない場所では、出来るだけ化粧を落として素のままでいることが
肌の刺激を最小限で抑えることにつながります。
大人にきびがフェイスラインに出来た場合は、なかなか治らないし治ったとしてもにきび跡やにきび痕が
残る可能性が高いです。自力で治すのはなかなか難しく、一度出来てしまった場合はすぐに皮膚科に
相談に行くのが良いと思います。