首にきびは、あごにきびと同じような場所に出来たり首の後ろに出来ます。
首にきびもあごにきび同様に10代の思春期には出来なくて、20代の大人に出来やすい傾向があります。

首にきびって…??

首にきびは外部環境が変わったストレスから来るもので、20代は一番環境が変わりやすい時期でもあるので
首にきびが出来やすいのではないかと言われています。
首にきびが出来ないようにするためにはあまり刺激を与えないようにする必要があります。
外出する場合には日焼け止めなどを塗って出るとあごにきびの予防につながります。
また女性の場合には髪が首にきびに触れて刺激を与えることにより悪化する場合があるので注意が必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

首にきびを治すには…

首にきびはなかなか治らず治療が困難な場合があります。
首にきびも出来始めの時に適切な治療を行えばにきび跡やにきび痕が残る可能性は低くなりますが、
症状が進んでしまった場合は治療を行ってもにきび跡やにきび痕が残る可能性が高くなるので注意が必要です。
治療をせずに放置しておくとケロイド状態になり一生治らない可能性もありますので首にきびを発見したら
すぐに皮膚科に相談に行くのが良いと思います。 首にきびは非常に目立つので自分で潰してしまう人もいますが、これはとても危険な行為です。
潰した部分から雑菌が入り込み化膿してしまう場合もありますし、一度出来た部分は出来やすくなるので
結局同じことの繰り返しになりかねません。また傷が残ってしまう場合もあるので、
きちんと治すためにも皮膚科に相談に行く方が良いと思います。

首にきびを作らないためには…

一度出来てしまうと治療にも時間がかかりますし、出来た本人にも非常にストレスになりますので
出来ないように普段から予防するのが良いと思います。
首にきびが出来る原因としてはホルモンバランスの乱れや生活環境の変化などが挙げられます。
睡眠不足などは肌を弱らせる要因となりますので、気をつけたほうが良いと思います。
チョコレートやケーキなど当分の過剰摂取や、香辛料の摂取などは皮脂の分泌量を増加させるので
出来るだけ避けたほうが無難です。
また毛穴を常に清潔に保つというのも重要です。
化粧をきれいに落とさなかったりすると毛穴の詰まりの原因となり、首にきびが出来る要因となります。
また首の周辺と言うのは汗を欠きやすい部分でもあるので、毎日の洗顔は非常に重要になってきます。
ただし洗いすぎると、必要な皮脂まで落としてしまうことになるので適度な洗顔を心がけたいです。