線維芽細胞増殖因子の略がFGFです。

FGFって何??

年齢を重ねることで、どうしても肌のハリやキメの細かさがなくなってきます。
これは肌の働きが悪くなってくるからで、今まではシミやシワなどは年齢を重ねると
どうしても出るもので仕方がないと諦められていました。
しかしFGFを体内にいれることで肌の力を取り戻し、働きが良くなります。
FGFは体内で生成される成分なので体内に入れても安全性は高いと思います。
肌の力を取り戻すということで、にきび跡の改善にも非常に効果的です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

FGFの効果と欠点

FGF-1は真皮に影響しEGFは表皮に影響を及ぼします
FGFは23種類まであって、日本ではFGF-2だけが医薬品として利用されています。
FGF-1とEGFは併用することが可能で、肌質の改善に非常に有効的です。

治療方法としては炭酸ガスレーザーでにきび跡の周りを滑らかにしていきます。
初期段階のにきびならこれで目立たなくなります。
症状が悪化したにきびなら炭酸ガスレーザーを照射後にFGFをその部分に塗布します。
これでコラーゲンの生成が活性化されて、にきび跡を平らにしていきます。
FGF治療を1回受けた後、皮膚がかなり盛り上がるので、FGF治療後1~2週間後に
効果を実感することができると思います。

そんなFGF治療にもデメリットがあります。
そんな炭酸ガスレーザーを使用するので何ヶ月も赤みが消えなかったり、
稀に火傷状態になる場合もある
ので注意が必要です。
体験談で一番よく言われるのが、自分に合わなかったのか効果が思ってたほど出なかったという点です。
非常に高価な治療なので効果が出ないというのが一番避けたいところです。
自分に合う治療法なのかどうかを自分で判断するのはなかなか難しいので治療を受ける前に
クリニックで専門医に相談してみると良いかもしれません。

FGFを利用する前に…

もし体験談などを聞ける人が身近にいいるのなら一度聞いてみると良いかもしれません。
肌質の改善に非常に効果のある治療法ですが、値段も高額のことから出来るだけにきびを作らないように
普段から予防したほうが良いと思います。
偏った食生活や、睡眠不足などはにきびが出来やすくなってしまうのと同時に肌の働きも
悪くなるので注意しましょう。
またストレスを溜め込むのもにきびが出来る原因となりますし肌には良くありません。
社会と接して生きている以上、全くストレスを溜め込まないで生活するのは難しいですが、
発散する場所を作っておくのは大事だと思います。