あごにきびは思春期の10代に出来るにきびではなく、思春期を過ぎた20代から30代の大人に
出来るにきびであると言われています。

あごにきびの原因

皮脂の分泌量が多い場所ににきびは出来る傾向がありますが、顎の周辺部は皮脂の分泌量が多いので
にきびが出来やすくなります。毛穴が炎症を起こすことによってあごにきびは出来ますが、
何故炎症を起こすかと言うと皮脂の分泌が多くなることにより毛穴が詰まってしまうからです。
あごにきびを出来ないようにするためには毛穴を詰まらせないようにすることが重要です。
化粧をきれいに落としていなかったり汗をかいているのにそのままにしているとあごにきびが出来やすくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

あごにきびを作らないために…

あごにきびを作らないようにするためにも日々の洗顔は絶対に欠かすことが出来ません。
ただし洗顔もしすぎると肌の乾燥につながる恐れがあるので、適度な洗顔が重要です。
あごにきびが出来る要因は色々考えられます。

環境の変化によるストレスや、生活習慣から来るホルモンバランスの乱れなどが
あごにきびを作る要因となります。またチョコレートやケーキなどに含まれる糖分の過剰摂取や、
カレーなどに使用される香辛料は皮脂の分泌量を増加されるのでにきびが出来やすくなります。

あごにきびは刺激を与えることにより悪化する恐れがあるので、出来る限り触らないでおくことが大事です。
洗顔などには優しく洗うのは勿論、顔を拭く際にもタオルなどで出来ている箇所は
そっと拭くことが大事になってきます。
あごにきびはどうしても目立ってしまうので、自分の手で潰してしまいがちですがそれは逆効果です。
その場所から雑菌が入ってしまい余計に悪化してしまいますし、潰すことによりその場所に出来やすくなります。
最悪の場合、にきび跡やにきび痕が残ってしまうことにより余計にストレスを抱え込むことになってしまいます。

あごにきびの治療

あごにきびは治療に時間がかかりますが、決して治らないにきびではないので自分で治療しないで
皮膚科で一度相談してみると良いと思います。
あごにきびは出来てから治療するよりも出来ないように予防するのが大事です。
刺激を与えないように外出する場合は紫外線を出来るだけ避ける方法を取ると良いと思います。
日焼け止めなどを首元に塗ることであごにきびが出来るのを防ぐことが出来ます。
それ以外にも偏った食生活をしないとか、睡眠をきっちり取るといった基本的な生活習慣を見直すことも
予防には重要なことです。