アダパレンとは薬品の名前で、にきび治療に効果があると言われています。
レチノイドと同じような効果がある薬品とも言われています。

アダパレンって…??

アダパレンは毛穴に皮脂が溜まるのを防ぎ、きれいに保つ効果があり外に出て行くことを助けます。
このことによりにきびが出来るのを防ぎます。使用することによる副作用としては
赤みや皮膚が剥けることがありますが、使用を続けることにより副作用は出てこなくなります。
もし使い続けているにも関わらず、赤みや皮膚が剥けることが続くようでしたら
一度医者に相談した方が良いと思います。
アダパレンを使用した後は塗った皮膚は日光に当てるのは良くありません
外出する場合には、日光に当たらないように工夫して外出すると良いと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-

アダパレンの効果的使用法

アダパレンは日本ではまだ認可されていない薬品で、利用した場合には皮膚科で処方してもらうか
個人で輸入するかしかありませんが、個人で輸入した場合には法に触れる場合があるので
十分に注意した方が良いと思います。

一般的な使い方としては寝る前に使用するのですが、朝起きた際には必ずきれいに洗い流す必要があります
洗い流し忘れて日光を当ててしまうと皮膚が被れる場合がありますので、注意しましょう。
また妊娠中に大量に使用するのは危険だと思います。胎児に悪影響が出ないとも限りませんので、
使用するの際は妊娠していない時か、妊娠しないように対策を立てることが重要です。

アダパレンを利用する前に…

アダパレンはにきびの治療薬として効果がありますが、普段からにきびが出来ないように心がけることも必要です。
アダパレンを出きるだけ使わないように済むように、生活習慣や周囲の環境を見直す必要があります。
またストレスを抱えることによりにきびが出来やすくなるので、ストレスを抱え込まないようにするのも重要です。
ストレスを全くゼロにすることは難しいですが、少なくともストレスを発散できる場所は
持っておいたほうが良いと思います。

アダパレンは値段も高価1本で6000円はするので、経済的な負担も多くなるので
にきびを予防することにお金をかけたほうが良いと思います。
胎児が出来ることでホルモンバランスが乱れにきびが出来やすくなります。 そのためににきびを治そうとしてアダパレンを使用する人もいますが、
胎児に悪影響を与えてまで使用するものではないと考えておいた方が良いと思います。
これは何もアダパレンに限ったことではなく、副作用のない薬はないと考えておいた方が良いでしょう。